2021年度 第9回ゼミ(2021.6.12)

【研究状況報告:落合さん】

インタビュー結果の分析方法および今後のスケジュールについてのアドバイスをいただいた。
当初案
先行研究(Patrick Spieth 2013 Business Model Innovation in the aviation indeustory )より
①インタビュー結果と文献分析に基づく我々の理解
②我々の命題とフレームワークの証明の引用
③相互関係分析と変数指向のコンテンツ分析
④現存する文献へのリンク
⑤既存の文献との関連性と差別化
アドバイス
・③~⑤については広範な先行研究の網羅が必要であり、かつAviation分野を超えたビジネスモデルの研究と知識が必要となる。
そこまで範囲を広げるのは困難であり、かつ、今回の研究の目的に沿った分析とは言えない。
・インタビューデータをとおして判明した「事実」と「意見・戦略」についての理解をさらに深堀りをすることが重要。
分析・考察として「事実」「戦略」の裏付けを丁寧にとっていくことが望まれる。

PR発表会・審査会の日程を見ながらPR本文の執筆日程含め、スケジューリングしていくこと。

【研究状況報告:原口さん】

リサーチフレームワークとアンケートの設計の報告を行い、下記のようなアドバイスをいただいた。
RQの設定について
・BtoB企業によるアントレプレナーシップの実例が幾つかあることを示しながらRQにつながる背景の説明をしていくと良い。
RQ1に関する調査について
・イベントスタディについて、先行研究結果と異なる結果になったことに関する考察が欲しい。
SNS等の影響でBtoCブランドの形成プロセスに変化が起こっている可能性もある。
なぜGAFAのような企業はスポンサーしていないのか、過去スポンサーをしていた企業はなぜやめたのか、といった逆の立場からの質問にも本質的な答えがあるかもしれない。
アンケートについて
・先行研究と比較するためにも、可能ならばゼロから作るよりも似た分野のアンケートを修正して作成した方が良い。
・政府や行政との関係構築は動機の一つとなっている可能性が高いので項目にも入れた方が良い。