2019年度 第27回ゼミ(2019.12.14)

【研究状況報告:道越さん】

オンライン診療の文脈で、今回の分析対象となるデータが「遠隔健康医療相談」に該当すると整理した上で、遠隔健康医療相談サービスで行われているテキストベースの会話が、今後のオンライン診療のどのような領域に貢献できるかのアイデア、実際にサービス上で行われている対話がどのようなものであるかを分析しつつ、どのような点で深掘りしていこうと考えているかを報告した。
いただいた指摘として、遠隔健康医療相談サービスがビジネスとして有望なのか?(LINEヘルスケアの参入などを例にとって議論)、ビジネスオポチュニティがどのような点にあるのかを整理しつつ、そのオポチュニティが現行サービス上で現れているかを分析するのが良い、
あるいは本領域における議論を整理し、その中で仮説を作りながらデータ分析していくのが良いというアドバイスをいただいた。