2020年度 第20回ゼミ(2020.9.12)

【研究状況報告:丸山さん】

中間審査での指摘を踏まえて、研究目的に沿ったリサーチクエスチョンの再設定とアンケート項目を追加した研究計画を発表した。今回の研究で明らかにできる範囲を明確にするように、とのご指摘をいただいた。今後は、受療行動に関する既存研究の整理に加え、研究倫理審査の申請準備およびアンケートフォームの作成を進める。

【研究状況報告:土井さん】

各先生のコメントを基に、自身のプロジェクトレポートの研究計画へ反映する内容を報告。中間報告では、分析結果よりも研究としての手続き的な部分に対する質問や指摘が多かった。また、自身のプロジェクトレポートの研究目的以外の部分について質問される場合があり、誤って回答してしまわないように、プロジェクトレポートの目的及びその対象範囲を詳細にかつ明確に定義し把握しておく必要があると感じた。中間発表をうけて、過去のスイッチング行動を行うに至った理由の把握、スイッチ行動を過去に1度も行わない理由の把握を目的としたアンケートを追加で実施し、SEM分析結果の考察に活かすこととする