2021年度 第13回ゼミ(2021.7.10)

【研究状況報告:鍵和田さん】

リサーチフレームワーク、対外直接投資の定量的分析のための先行研究、本研究の研究手法及びデータについて発表し、以下の指摘を受けた:
新たな環境規制の指標の妥当性評価及び意義について質問があった。前者については、まずは既存研究と同様の定量分析を行い、結果の比較を行うこと、また、既存研究で用いられている環境規制の指標との相関性を調べることとなった。後者については、既存研究で用いられているアンケート調査の結果による指標は、コストがかかるため、本研究で提案する指標はコストがかからない定量的な指標であることに意義があるとの指摘があった。
・本研究の考察について、今から考えるよう指摘があった。