2021年度 第10回ゼミ(2021.6.19)

【研究状況報告:鍵和田さん】

新しい環境規制の指標の提案、汚染逃避地仮説に関する先行研究の考察、及び研究目的とリサーチクエスチョンの見直しについて発表し、以下の指摘を受けた:
・テーマとして、「日本企業の汚染逃避行動に関する一考察」と掲げているが、被説明変数が産業レベルのデータであるため、果たして「日本企業」の行動を分析していると言えるのか。
・企業は、利益を最大化するために、環境対策コストを含む投資のコストを全て考慮し、コストが最も低い国に投資すると考えられる。そのため、環境規制が投資に負の影響を与えることは当たり前のことではないか。